パーテーションはオフィス生活のキモです!

パーテーションが取り払われたら雑音が気になる

パーテーションが取り払われたら雑音が気になるエアコンの効きも悪くなった再度パーテーションで区切られ能率が上がるオフィスパーテーションに感謝をしています

私が勤めている会社は、中規模ながら外国人がたくさんいて、オフィス内は英語だけではない言語が飛び交っている状況です。
一応営業部署に所属している自分も、顧客とのやり取りを日常的に電話で行うような状態で、営業部署は隣のオペレ−ション部署とはパーテーションで区切られているため、なかなか静かに仕事が出来ていたのです。
それなのにある日、その境界線が取っ払われることになったのです。
そうすれば部屋は営業もオペレ−ションも区切りのない広いひとつのオフィスとなり見通しが良いから、などという良くわからない理由を言われ、納得とはほど遠い気持ちでしたが、別に区切りがなくたって、大して仕事に影響はないだろうとその時は思っていました。

今日はオフィスにパーテーションを設置する工事に立ち会うため、休日出勤です。
どんな仕上がりになるのか、今からワクワクしています😊

— とりきち横丁 日本支社 (@chirusandesu) 2018年12月24日
でも、実際にパーテーションが取り払われたら、ネガティブ効果が出るわ出るわということがわかったのです。
小学生じゃあるまいしオフィスの席やツイタテのあるなしが、仕事と何の関係があるのか、という自分の考え方は非常に甘かったというより他はありません。
まずは雑音が酷く耳に付くようになってしまいました。
当然みんな働いている訳ですから、必要不可欠な音だということは良く理解しているつもりです。
でも、うちの会社のように多言語を扱うような仕事内容だと余計な音というのは集中力をこれほどまでに減退させるものなのか、と驚きを隠せませんでした。